紙器・段ボール機械の製造・販売・メンテナンス

会社案内

HOME > 会社案内

企業理念

お客様に必要とされる企業を目指し、
業界の発展に貢献していきます。

代表挨拶

平成29年5月、当社は創業80周年を迎えました。
これもひとえに今までお力添えをいただきました皆様の温かいご支援の賜物であると厚く御礼申し上げます。
当社は私の祖父にあたります初代社長の浅岡春太郎が1937年(昭和12年)5月に「浅岡製作所」を創業したのが始まりでございます。その後、戦後の混乱期を経て、高度成長期、オイルショック、バブル経済、リーマンショックとさまざまな経済環境のなか、一貫して紙器・段ボール機械の製造・販売・メンテナンス業務に携わってまいりました。
時代の流れとともに変化するお客様の多様なニーズにお応えするために、長年培った経験と最先端技術の融合を図り、事業を推進し今日に至っております。
これからも、当社のモットーである紙器・段ボール機械設備の「総合コンサルタント」と「総合メンテナンス」のより一層の充実を目指し、お客様より「必要としていただける企業」であり続けることを目標に、業界の発展に貢献していくことを念願としております。
今後とも皆様のご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

浅岡裕貴

会社概要

商号 株式会社 浅岡鉄工所
所在地 本社・工場
〒140-0013 東京都品川区南大井6-8-14
TEL:03-3763-1411/FAX:03-3763-7777

第二工場
〒140-0013 東京都品川区南大井6-9-1

茨城工場
〒319-0106 茨城県小美玉市堅倉1720-2
TEL:0299-48-2294/FAX:0299-48-2694
創業 昭和12年5月
資本金 2,000万円
従業員数 50名
営業品目 紙器段ボール機械全般製造販売
主な取引先
  • レンゴー株式会社
  • 王子コンテナー株式会社
  • 株式会社トーモク
  • ダイナパック株式会社
  • 大日本パックス株式会社
  • 旭紙業株式会社
  • 常磐パッケージ株式会社
  • 株式会社興栄
  • 株式会社フジダン
他500社
主な仕入先
  • 株式会社梅谷製作所
  • 株式会社ISOWA
  • 旭マシナリー株式会社
  • サンエンヂニアリング株式会社
  • 株式会社丸松製作所
  • 株式会社押谷製作所
  • ノードソン株式会社
  • 明和ゴム工業株式会社
  • 東刃工業株式会社
株式会社髙橋製作所         櫻井鉄工株式会社              他60社 
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行 大森支店
  • 商工中金 大森支店
  • みずほ銀行 大森支店
  • りそな銀行 品川支店

アクセスマップ

本社・工場

本社・工場

JR 京浜東北線「大森」駅北口より徒歩6分。

京浜急行「大森海岸駅」より徒歩8分。

第二工場

第二工場

JR 京浜東北線「大森」駅北口より徒歩6分。

京浜急行「大森海岸駅」より徒歩8分。

茨城工場

茨城工場

東京方面から 常磐自動車道 石岡小美玉スマートICより約15分。

水戸方面から 常磐自動車道 岩間ICより約15分。

沿革

昭和12年5月 創業者浅岡春太郎が東京都品川区に於いて、浅岡製作所を興し、紙器・段ボール機械の修理業務を始める。
昭和32年5月 浅岡製作所を株式会社浅岡鉄工所に改組し、資本金50万円にて設立、
浅岡春太郎初代代表取締役に就任。各種紙器・段ボール機械の製造を開始する。
昭和33年3月 第二工場完成(木造2階建)。
昭和43年12月 資本金200万円に増資、第二工場に新鋭工作機械の導入など設備の近代化を図る。
昭和45年10月 (株)磯輪鉄工所を中核とした7社にてイソワグループを結成し、共同研究、共同開発を行う。
昭和46年8月 資本金400万円に増資、社内体制を営業事業部、製造事業部とし、独立採算制を実施。
昭和51年10月 資本金600万円に増資、サービス車を3台増加し、計7台としサービスの強化を図る。
昭和54年8月 資本金780万円に増資。
昭和57年5月 資本金1,000万円に増資、浅岡春太郎が代表取締役を辞任し、浅岡春夫が代表取締役に就任。
昭和58年2月 オートセットロータリースリッター開発。
昭和58年8月 資本金2,000万円に増資。
昭和59年10月 本社ビル完成(鉄筋コンクリート造5階建)。
昭和62年7月 2ヘッドステッチャー開発。
平成元年1月 茨城工場完成。
平成2年12月 茨城工場第二期工事完了。
平成4年5月 多軸制御システム「AADP」開発。
平成6年7月 日中合弁企業「蘇州昆宝包装有限公司」に共同出資、設備一式を担当。
平成10年1月 半自動平盤打抜機「LPシリーズ」(職人いらず)開発。
平成13年7月 コルゲーター「ダブルフェーサーの糊カス除去装置」開発。
平成14年4月 自動平盤打抜機用グリッパートリムカッター開発。
平成15年8月 半自動平盤打抜機「LPシリーズ」にチェース仕様を追加。
平成18年5月 浅岡春夫代表取締役会長に、浅岡裕貴代表取締役社長に就任。
平成19年5月 半自動平盤打抜機「LPシリーズ」に紙器向け1050仕様を追加。
平成24年1月 半自動平盤打抜機「LPシリーズ」に1700型以上の大型仕様を追加。
平成28年3月 第二工場ビル完成(鉄骨造4階建)。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3763-1411

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

Copyright(C) ASAOKA CO., LTD. All rights reserved.